パワーストーンの意味と色の種類は?

パワーストーンはたくさんの種類がありますので、単純に効果から選ぶのではなく、自分の好きな色で絞って、その中から自分の望む効果を持つ天然石を選ぶ、ということも可能です。例えば青系のパワーストーンをいくつか挙げるだけでも、アクアマリン、ターコイズ、アパタイト、ブルータイガーアイ、サファイアなどがあります。これはほんの一例で青色の石だけでもまだまだたくさんあるのです。そしてアクアマリンには癒やしと幸せな結婚という効果、アパタイトには負を浄化してくれる効果、ターコイズには人生に幸運をもたらす効果、などそれぞれの意味と効果があります。この効果だからこの石しかない、と決めてしまわなくても、自分の好きな色からさらに意味を調べて行くという逆引き方式で、適切な効果のパワーストーンを選ぶことができるのです。

パワーストーン辞典!意味や効果を紹介!【石言葉・誕生石は?】

パワーストーンはいくつ持っていても大丈夫です。ただし、硬い石と軟らかい石を一緒にしておくと、傷つくので注意しましょう。
パワーストーンはただ単に持っているだけでなく、浄化の仕方や持ち方なども大切なんですね。
xn--zck4aza4jwa5cc3467de50g.net/